MENU
その他体臭
2020.12.05

気になるマスクの中のニオイ。その原因3つと対策は?

最近では、生活するにあたって、マスクが必需品となっていますね。

ですがマスクをつけていると、ムワッとニオイが気になる瞬間、ありませんか?

 

実は今、マスクの中のニオイに悩んでいる人が増えています。

 

もしかして口臭?

それとも、別の原因があるのでしょうか。

 

今回は、マスクの中の気になるニオイの原因と、その対策についてお伝えします。

マスク着用時も快適に過ごすために、ぜひ参考にしてください。

マスクの中が臭う原因その1:口臭

普段、自分のニオイには気付きにくいものです。

ですがマスクをつけていると、内部には吐いた息がこもります。

そのため、ニオイに気付きやすくなります。

 

口臭の原因は、舌苔(ぜったい)・ドライマウス(口腔乾燥)・虫歯・歯垢・歯周病・膿栓(膿栓)・病気によるもの等があります(詳しくはこちら)。

 

特に毎日マスクをつける生活では、「オーラルケア不足」と「水分不足」からこれらを招きがちなので、要注意。

 

オーラルケア不足

最近は、マスクしてるから大丈夫・・と言って、オーラルケアがおろそかになっていませんか?

 

「歯磨きはするものの、最近は歯間ブラシまでは使わない」

「外出を減らしてから、歯科検診に行かなくなった」

という人も多いようですね。

 

ですが、油断してはいけません。

ケアを怠ると、歯石やプラークが溜まり、口内環境が悪化して、口臭が発生します。

マスク越しに臭いが他人に伝わっているかもしれません。

 

水分不足

マスクを着けていると、内部の湿度が上がるため、のどの渇きを感じにくくなります。

また、取り外しが面倒で、水分補給の回数が減ったという人も多いのではないでしょうか。

 

そうなると、水分が不足して、ドライマウスになる危険性が高まります。

ドライマウスになると、口腔内の常在菌バランスが崩れ、歯周病や口臭が発生することに。

 

マスクの中が臭う原因その2:唾液

しゃべったりくしゃみをすると、マスクの内部に唾液が付着します。

これがニオイの原因になっていることも。

 

口臭が強い人の唾液には、細菌が多く含まれるため、臭いはより強くなります。

また、唾液自体が臭うこともあります。

 

マスクの中が臭う原因その3:雑菌

マスクの内側は、蒸れて高温多湿の状態です。

付着した雑菌が繁殖しやすいことも、ニオイの原因です。

 

皮膚の常在菌が湿った衣類の中で繁殖することで、生乾き臭が発生します。

生乾き臭についてはこちらでご紹介しています。

マスクの中も、この状態になりやすい環境です。

また、付着した唾液にも、多くの菌や細胞、食べカスなどが含まれています。

そのため、通常の衣類以上に、マスクはニオイが発生しやすいと言えるでしょう。

 

マスクの中の嫌なニオイ対策は?

マスクのニオイの主な原因3つをお伝えしました。
実際にはこれらが組み合わさって、より不快なニオイになっていることが多いはず。

では、嫌なニオイをなくすためには、どうすればよいのでしょうか?

 

日頃の口腔ケアに手を抜かない

マスクで自分の口臭に気づいてしまった人は、早めの対処を!

 

・こまめに歯磨きして、歯垢をしっかり落としましょう。歯や歯茎を痛めないよう、強すぎない力で小刻みに丁寧に磨きます。

・歯ブラシだけでなく、デンタルフロスや歯間ブラシを使い、歯の間や歯茎の溝にたまった汚れもしっかり落とします。

・「舌苔」を除去します。

 

ケア方法については、こちらの記事で詳しく解説しています。

セルフケアに加え、定期的に歯科医院に通って歯石除去や検診を受けることをおすすめします。

 

マスクをつける前に歯磨き&マウスウォッシュ

マスクをつける前に、歯磨きをしたりマウスウオッシュを使って、口内を清潔にしましょう。

あらかじめ口の中の細菌を減らすことで、口臭対策になり、菌によるニオイも発生しにくくなります。

 

こまめに水分補給してドライマウスを防ぐ

水分不足からドライマウス状態にならないよう、意識的に水分補給を行いましょう。

飲み物が飲めない場合は、ガムを噛む・タブレットを舐めることも有効です。

唾液の分泌が促されるため、ドライマウスの予防になります。

 

口呼吸でなく鼻呼吸を

マスクをしていると、息苦しさから知らずのうちに口呼吸になりがちです。

 

ですが口呼吸は、マスクの内側に唾液が付きやすくなります。

また、口内が乾燥してドライマウスになったり、菌やウイルスが体内に入りやすくなるなど、良いことがありません。

知らずのうちに口呼吸にならないよう、鼻呼吸を心がけましょう。

 

マスクはこまめに交換

長時間使用したマスクは、不衛生な状態です。

内側には皮膚や唾液からの菌が繁殖しています。

外側にも、外部からの菌やウイルスが付着しているかもしれません。

 

ニオイ問題だけでなく、衛生面からも、マスクはこまめに交換するのが理想です。

 

【おすすめ】マスクに除菌効果のあるスプレーを!

とはいえ、いつまたマスクが不足するかもわからない状況です。

一般の人が「ニオイが気になるから・・・」と、1日で何枚もマスクを使うわけにはいかないですよね。

 

そこで注目されているのが、除菌や抗菌効果のあるスプレー。

シュッとスプレーすれば、イヤなニオイの発生が抑えられ、一日中快適に・衛生的に過ごせます。

※肌に刺激の少ないものを選び、吹きつけたあとは乾燥してからマスクをつけてください。

 

使用するタイミングは、

・マスクをつける前

・ニオイが気になってきたとき

・ご飯を食べる時や歯磨きの時など、マスクを一度外して再度つけるとき

など。(その際は、表面を直接触ったり、机にじかに置かないなど、扱いに注意してください。)

 

・選ぶ際のポイント

最近は様々な商品が出てきていますが、製品によって効果が異なります。

アロマの香りでリフレッシュできる香り付きや、消臭効果の高いものなど。

好みや気分によって使い分けるのも良いですね。

 

ただし、鼻に直接触れる場所なので、香りが強すぎると気分が悪くなることもあります。

香りに敏感な人は無香料のものが良いでしょう。

 

また、鼻や口の周りの皮膚デリケートなため、刺激が少なく肌に優しいものを選びましょう。

ニオイ防止と衛生面からは、除菌・抗菌効果が高く、効果が長持ちするものがおすすめです。

 

U-PARMはマスクにも使用可能です

「U-PARM」は、肌への優しさ・安全性に徹底的にこだわった衣類用のデオドラントです。

直接肌に触れる衣類にスプレーするものなので、マスクにも使用可能です。

マスクにスプレーしたあと、乾いてから着用してください。

高い抗菌効果が持続するので、マスクを着けても長時間ニオイを気にせず快適に過ごせます。

 

マスクのニオイ対策で快適に過ごそう

マスク着用時に気になるニオイの原因と対策についてご紹介しました。

マスクがきっかけで自分の口臭に気づいた人は、しっかりとオーラルケアで早めの対処を。

 

マスク内に付着した唾液や、高温多湿の環境で繁殖した雑菌もニオイの原因です。

口腔内を清潔に保ち、水分補給をこまめに行うなど乾燥しないようにする、唾液が飛ばないよう鼻呼吸を意識することも大切です。

 

マスクはこまめに交換することが理想ですが、難しい場合は、除菌・抗菌効果のあるスプレーを使用しましょう。

嫌なニオイ対策だけでなく、衛生面からもおすすめです。

スプレーするひと手間だけで、快適な1日が過ごせます。

ぜひ、取り入れてみてください。

 

まだまだマスクが手放せない毎日ですが、嫌なニオイがしないよう対策して、快適に過ごしましょう。

 

このサイト(DEOマガ)について

ニオイ対策のプロフェッショナルからのご提案

衣類でニオイをブロックするデオドラント

  • 1業界初の技術で体臭に効果を発揮
  • 2各種テストで立証された安全性
  • 3初めてでも試しやすいお手頃価格
詳しく見る

体臭対策用スプレーをお探しなら | U-PARM(ユーパーム)商品画像